FAQ

下記の「製品名の選択」より、該当する製品名を選択していただき、最後に「検索」ボタンをクリックしてください。

VB-BarCode 4 ご質問一覧

ID をクリックするとご質問の回答を表示します。

IDご質問
461000「VB-BarCode 4」をバージョンアップ価格で購入できますか。
更新日付: 2014-06-02

以下のとおり、製品バージョンごとにバージョンアップ価格にて、「VB-BarCode 4」を購入していただくことができます。

(対象製品)
A. 「VB-BarCode .NET」ユーザー様
B. 「VB-BarCode Ver2.0」、「VB-BarCode Ver1.0」ユーザー様

(費用)
A. 16,000 円
B. 28,000 円

なお、お申込み方法などの内容は下記の通りです。

(お申込み方法)
製品媒体(CD-ROMのケース裏面、または、ソフト(FD))に貼られている「シリアルNo」をご用意の上、専用の申込書(以下、申込書)をご請求ください。シリアルNo 確認後、申込書をお送りいたします。

送付された申込書に必要事項を記入し、弊社へご返送ください。
以上で、お申込みは完了です。

(納期)
「製品共通」FAQ の「納期について」をご覧下さい。

(お支払方法)
商品到着後 2 週間以内に、商品に同封された郵便振替用紙でのお振込みとなります。
なお、ご希望のお支払い条件がございましたら、申込書の備考欄などにお書き添え下さい。

例) 検収月末締め 翌月末日 銀行振込

(注意事項1)
バージョンアップの対象となる製品のユーザー登録がお済みでない場合は、登録手続きが必要になります。詳しくは、「製品共通」FAQ の「ユーザ登録の方法は?」をご覧ください。

(注意事項2)
バージョンアップの対象となる製品のライセンスは失効し、原則として新規でのアプリケーション開発ができなくなります。但し、既存プログラムの保守を行う場合は特例としてバージョンアップ元製品の使用を認めます。
461001「VB-BarCode 4」の開発ライセンスのみ購入できますか。
更新日付: 2010-10-06

「VB-BarCode 4」を複数台のマシン(システム)にインストールして使用する場合は、その台数分のパッケージソフト(基本パック)、もしくは、追加ライセンスを購入してください。

追加ライセンスは、本製品(基本パック)のユーザー様、もしくは、基本パックと追加ライセンスをセットで購入されるお客様に限り、下記の価格でご購入いただくことができます。
※追加ライセンスは媒体(製品CD-ROM)が付属しない許諾書のみの商品です。
※追加ライセンスの単価は、その都度、注文数によって異なります。すでに所有されているライセンスは累計されないのでご注意ください。

(VB-BarCode 4 追加ライセンス価格一覧)
------------------------------------------------------------------
追加ライセンス数   1ライセンスあたりの価格
------------------------------------------------------------------
  1 ~ 4      34,800 円
  5 ~ 9      31,900 円
  10 ~ 19      29,000 円
  20 ~ 49      26,100 円
  50 ~ 99      23,200 円
 100以上       20,300 円

・ライセンス料金算出式
追加ライセンス数 × 1ライセンスあたりの価格 = 料金

--------------------
お見積例(1)
--------------------
1 台のマシンで「VB-BarCode 4」を使用していたが、新たに 5 台のマシンを購入したため、計 6 台のマシンで「VB-BarCode 4」を使用したい。
→追加 5 ライセンスをお奨めします。
追加 5 ライセンス(31,900 円 * 5)= 159,500 円

--------------------
お見積例(2)
--------------------
「VB-BarCode 4」は持っていない。インストールする予定のマシンは 15 台だが、媒体(製品CD-ROM)は 1 つあれば充分。
→基本パック 1 本と追加 14 ライセンスをお奨めします。
基本パック 1 本(58,000 円 * 1) + 追加 14 ライセンス(29,000 円 * 14)
= 464,000 円

(お申し込み方法)
下記の必要事項を記入した用紙(書式は問いません)を、FAX(0776-21-9022)でお送りください。

<必要事項>
1)シリアル No(追加ライセンス単体でのお申込みの場合は、必ずご記入ください)
2)商品名「VB-BarCode 4 追加ライセンス」
3)数量
4)金額
5)商品の送付先
(商品と請求書の送付先が異なる場合は、請求書の送付先もご記入ください)
会社名(法人の場合)
部署名(法人の場合)
担当者名
住所(郵便番号を含む)
電話番号
FAX 番号
6)お支払い条件
詳しくは、「全製品共通」FAQ の「支払方法について」をご覧ください。

(納期)
「全製品共通」FAQ の「納期について」をご覧ください。「VB-BarCode 4」を複数台のマシン(システム)にインストールして使用する場合は、その台数分のパッケージソフト(基本パック)、もしくは、追加ライセンスを購入してください。
461002アプリケーション配布の際のライセンス形態について教えてください。
更新日付: 2014-04-01

「VB-BarCode 4」を使用して開発したアプリケーションと再配布可能ファイルをクライアント環境へ配布する場合、ロイヤリティフリーです。

サーバーアプリケーション(関連する機能を含む)に組み込んで配布する場合、サーバーライセンスが必要です。
詳細はサポート窓口(Tel:0776-21-9008、E-mail:info@adv.co.jp)にお問い合わせください。
ライセンス数は、アプリケーションを配布して本番運用する環境(OS)数分必要です。
待機系、開発、検証用サーバーには必要ありません。
サーバーライセンスの価格は、1 ライセンスあたり 120,000 円です。
また、サーバーライセンスは製品単位のため、サーバーライセンス 1 つで各コントロールの配布、実装が可能となります。

**ご購入について**
弊社ホームページの製品情報コーナーに、注文書 PDF ファイルを公開しておりますので、こちらをご参照ください。
なお、お見積書が必要な場合は、具体的なライセンス数とお見積書の送付方法(FAX or 郵送)をサポート窓口(TEL:0776-21-9008、E-mail:info@adv.co.jp)までご連絡ください。

http://www.adv.co.jp/download/files/vb-barcode4_sl_info.pdf
※上記 URL が複数行の場合、1 行にしてアクセスしてください。

また、サーバーライセンスは弊社直販のほか、ソフト流通経由でご購入いただくことができます。現在サーバーライセンスをお取り扱い頂いている流通様は、ソフトバンク コマース&サービス(株)様、(株)システナ様、シネックスインフォテック(株)様の 3 社です。
461003複数のサーバー環境に Web アプリケーションを配布する場合、障害時の待機系として用意する環境にもサーバーライセンスは必要でしょうか。
更新日付: 2010-10-06

障害発生時に運用環境と切り替えて使用するサーバー環境に対して、サーバーライセンスは必要ありません。
461004デバッグや動作確認の目的で開発環境をサーバー機として使用する場合、サーバーライセンスは必要でしょうか。
更新日付: 2010-10-06

デバッグや動作確認を目的として使用するサーバー機(開発環境)に対して、サーバーライセンスは必要ありません。
461005配布先のサーバー機が 2CPU タイプの場合、サーバーライセンスは 2 本必要でしょうか。
更新日付: 2010-10-06

VB-BarCode 4 のサーバーライセンスは、配布先のサーバー機の CPU 数ではなく、配布を行うサーバー環境(OS)の数で必要とするライセンス数を決めています。お問い合わせの場合、配布数が 1 環境(OS)であれば、サーバーライセンスの必要本数は 1 ライセンスとなります。
461006ターミナルサーバー(TerminalServer(Service)) / メタフレーム(MetaFrame)環境にプログラムを配布する場合、サーバーライセンスの必要本数を教えてください。
更新日付: 2010-10-06

ターミナルサーバー(TerminalServer(Service)) / メタフレーム(MetaFrame)環境に VB-BarCode 4 の DLL を組み込んだプログラムを配布する場合、配布先のマシンに対して、サーバーライセンスは必要ありません。
461007ターミナルサーバー、メタフレームなどのターミナルサービスで使用することはできますか。
更新日付: 2010-10-06

VB-BarCode 4 は、ターミナル サービスでの動作確認、および、動作保証は行っておりません。
461008同梱されている「VB-BarCode Ver2.0」をインストールしたいのですが、シリアルNo. が分かりません。
更新日付: 2010-10-06

VB-BarCode 4 のシリアルNo. と同じです。
VB-BarCode 4 のシリアルNo. は 製品パッケージ内にある「インストール情報」という用紙に記載されている番号がシリアルNo になります。
なお、VB-BarCode Ver2.0 の技術的な質問や追加ライセンス申し込み時におけるシリアルNo. も、VB-BarCode 4 のシリアルNo. になります。
461009保守(サポート)期間を教えてください。
更新日付: 2010-10-06

開発ライセンス(基本パック、追加ライセンス)の購入後 1 年間、もしくは、製品販売終了後 6 ヶ月間のうち、どちらか短い期間を無償保守期間としております。無償保守期間終了後もサポート窓口より一般的なお問い合わせに対応しています。

また、サーバーライセンスの場合、別途サーバーライセンス保守契約が必要となります。詳細はサポート窓口よりお問い合わせください。

 ○サポート窓口
 http://www.adv.co.jp/contact/contact.htm
461010英語版など、日本語以外の環境に対応していますか。
更新日付: 2010-10-06

VB-BarCode 4 は、日本語の環境のみ対応しています。英語版等、日本語以外の環境では動作を保証しておりません。
46101164ビット版 Windows に対応していますか。
更新日付: 2010-10-06

VB-BarCode 4 は、開発環境、実行環境ともに 64 ビット版 Windows に対応しています。
461012体験版はありますか。
更新日付: 2010-10-06

VB-BarCode 4 の体験版は、下記ダウンロードページにて公開しています。

体験版ダウンロード
http://www.adv.co.jp/download/download.php?ftype=D
461013体験版と製品版の違いを教えてください。
更新日付: 2010-10-06

VB-BarCode 4 の体験版では、製品版と同等の機能をご利用頂けます。インストールされるヘルプ、ドキュメント類も製品版と同じものになります。

なお、体験版では次の制限事項があります。

・ VB-BarCode 4 体験版を使用してバーコードイメージを作成すると、体験版を知らせるメッセージが表示されます。
・ 作成されるバーコードイメージの一部に、「Advance Software」と出力されます。このため、体験版で印刷したバーコードを読み取ることができない場合があります。
・ 体験版の DLL は実行環境での動作検証以外の目的により、配布することはできません。
465000「VB-BarCode 4」の新機能を教えてください。
更新日付: 2010-10-06

VB-BarCode 4 は、.NET Framework 環境に完全対応した高精度バーコード生成コンポーネントです。100%マネージコードで実装したコンパクトなコンポーネントと、新たに ASP.NET サーバーコントロール、WPF 用コントロール、Silverlight 用コントロールを追加し、様々な開発シーンに対応しました。

詳しくは、次のページを確認してください。

 http://www.adv.co.jp/product/product_vb-barcode4_feature1.htm
465001VB-BarCode シリーズとの互換性について教えてください。
更新日付: 2010-10-06

VB-BarCode 4 は、VB-BarCode シリーズのバージョン間で互換性はありません。
また、移行ツールも用意されておりませんので、旧バージョンで作成したプロジェクト、アプリケーションを VB-BarCode 4 で使用することはできません。この場合、新規にアプリケーションを作成して頂く必要があります。
465002VB-BarCode シリーズと共存することはできますか。
更新日付: 2010-10-06

VB-BarCode 4 は、VB-BarCode シリーズの次のバージョンと同一のマシンにインストールして使用することができます。

・VB-BarCode Ver2.0
・VB-BarCode .NET

また、実行環境においても、上記のバージョンを使用したアプリケーションを共存させて使用することが可能です。
465003Web 上で使用可能でしょうか。
更新日付: 2010-10-06

VB-BarCode 4 は、新たに追加した ASP.NET サーバーコントロール、Silverlight 用コントロールを使用し、バーコードパターンを生成する Web サービスや、ブラウザ上にバーコードイメージを表示する Web アプリケーションを構築することができます。
465004Windows アプリケーションや ASP.NET Web アプリケーションなど、使用方法について説明はありますか。
更新日付: 2010-10-06

VB-BarCode 4 ヘルプの下記ページにて、それぞれの使用方法を掲載しています。

 [VB-BarCode 4 製品ヘルプ]
  - [目次]
  - [VB-BarCode 4 の概要]
   - [VB-BarCode 4 使用準備]
    - [バーコードコントロールを追加する]
    ※各コントロールの使用方法について
    - [バーコードコンポーネントを追加する]
    ※各コンポーネントの使用方法について
465005サンプルプログラムはありますか。
更新日付: 2010-10-06

VB-BarCode 4 では、Windows フォームアプリケーション、ASP.NET アプリケーション、WPF アプリケーション、Silverlight アプリケーション、それぞれのシンプルで分かり易いサンプルプログラムを収録しています。
465006出力可能なバーコードイメージの画像形式の種類を教えて下さい。
更新日付: 2010-10-06

VB-BarCode 4 はバーコードイメージを、Visual Studio .NET の Bitmap オブジェクトとして生成することができます。そのため、Visual Studio .NET の Bitmap オブジェクトが対応する画像形式を生成することができます。
465007画面やプリンタに合わせた高精度なバーコードを生成する方法について教えて下さい。
更新日付: 2010-10-06

VB-BarCode 4 は、生成するバーコードイメージを、出力するプリンターやディスプレイ等の解像度に合わせた設定が可能です。
具体的な設定方法は、VB-BarCode 4 ヘルプの下記ページに掲載しています。

 [VB-BarCode 4 製品ヘルプ]
  - [目次]
  - [VB-BarCode 4 の概要]
   - [バーコードタイプ別の補足]
    - [全般]
     - [高精度なバーコードを出力する]
465008体験版がインストールされた環境に、体験版をアンインストールせずに、製品版をインストールしても良いでしょうか。
更新日付: 2010-10-06

体験版をアンインストールしてから、製品版をインストールして下さい。
465009VB-BarCode 4 の体験版を使用して作成したアプリケーションを、VB-BarCode 4 製品版に置き換えても、問題無く使用可能でしょうか。
更新日付: 2010-10-06

作成したアプリケーションは、そのまま使用可能です。
但し、VB-BarCode 4 のアセンブリを、作成したアプリケーションと同じフォルダにコピーして使用している場合は、VB-BarCode 4 製品版のアセンブリを作成したアプリケーションと同じフォルダにコピーして下さい。
465010VB-BarCode 4 は Excel の VBA で使用することができますか。
更新日付: 2010-10-06

VB-BarCode 4 は、.NET Framework 環境に完全対応したバーコード生成コンポーネントのため、Excel の VBA には対応していません。
465011対応プリンタ、もしくは推奨しているプリンタについて。
更新日付: 2010-10-06

プリンタードライバが Windows 準拠で、かつ、解像度 300dpi 以上を推奨しています。
465012ClickOnce には対応していますか。
更新日付: 2010-10-06

ClickOnce を使用して VB-BarCode 4 を組み込んだアプリケーションの配置が可能です。配置方法につきましては、開発環境(Visual Studio)のドキュメントをご確認ください。

なお、ClickOnce によるアプリケーションの配置を行う場合、アプリケーションの形態(Windows、WPF)に合わせて、VB-BarCode 4 の以下の再配布可能ファイルを追加して頂く必要があります。

・対象 Framework が 2.0 ~ 3.5 の場合
再配布可能ファイル (.NET Framework 2.0 用モジュール)
VBBarCode4.BarCode.2.dll
VBBarCode4.WPF.BarCode.2.dll

・対象 Framework が 4 の場合
再配布可能ファイル (.NET Framework 4 用モジュール)
VBBarCode4.BarCode.4.dll
VBBarCode4.WPF.BarCode.4.dll
465013GS1-128 に対応していますか。
更新日付: 2010-10-06

VB-BarCode 4 は、GS1-128(旧称:UCC/EAN128)に対応しています。

 'コーディング例(VB)
 barCodeControl1.Type = AdvanceSoftware.VBBarCode4.BarCodeType.GS1
 barCodeControl1.Value = "(00)0123456789"

また、「医療材料GS1-128システム」、ならびに「標準料金代理収納GS1-128(旧:UCC/EAN128)システム」のバーコード作成方法は以下をご確認ください。

-------------------------
・医療材料GS1-128システム
-------------------------

'コーディング例(VB)
 barCodeControl1.Type = AdvanceSoftware.VBBarCode4.BarCodeType.GS1
 barCodeControl1.Codeset = AdvanceSoftware.VBBarCode4.Codeset.CodesetB
 barCodeControl1.Value = "(01)14512345678903(17)010425(30)1000~FNC1(10)1234"

※補足1
商品コード(AI=01)の14桁目のチェックデジット(モジュラス10、ウェイト1、3)は自動で算出できません。

※補足2
データの途中の FNC1 を自動で付加することはできません。コーディング例のように Value プロパティで FNC1 を付加する場所に「~FNC1」を追加してください。

-------------------------------------------------
・標準料金代理収納GS1-128(旧:UCC/EAN128)システム
-------------------------------------------------

'コーディング例(VB)
 barCodeControl1.Type = AdvanceSoftware.VBBarCode4.BarCodeType.GS1Fixed
 barCodeControl1.Value = "9191234501234567890123456789010103310123000"

※補足1
最終桁(44桁目)の全体チェックデジット(モジュラス10、ウェイト1、3)は自動で算出されます。
上記の場合、最終桁(44桁目)には "3" が自動で算出され付加されます。
465014VB-BarCode 4 を組み込んだアプリケーションが実行できない。
更新日付: 2010-10-06

アプリケーションが参照する VB-BarCode 4 のアセンブリと同じバージョンが実行環境にない場合、開発環境から次のアセンブリファイルをコピーして実行環境に配布してください。

(a)対象 Framework 2.0 ~ 3.5
・VBBarCode4.BarCode.2.dll
・VBBarCode4.Silverlight.BarCode.2.dll
・VBBarCode4.Web.BarCode.2.dll
・VBBarCode4.WPF.BarCode.2.dll

(b)対象 Framework 4
・VBBarCode4.BarCode.4.dll
・VBBarCode4.Silverlight.BarCode.4.dll
・VBBarCode4.Web.BarCode.4.dll
・VBBarCode4.WPF.BarCode.4.dll