VB-BarCode 4 製品情報

このような開発者の方に

プログラム中から高精度なバーコードイメージを生成したい
サーバー上で作成したバーコードを表示させたい
WPF、Silverlight の開発環境でもバーコードを出力したい

VB-BarCode 4 製品概要

VB-BarCode 4 は .NET Framework に完全対応した高精度バーコード生成コンポーネントです。100% マネージコードで実装したコンパクトなコンポーネントなので、Windows フォーム アプリケーションや ASP.NET アプリケーションに簡単にバーコードを追加して高精度なイメージを出力することができます。

また、新たに ASP.NET 用、WPF 用、Silverlight 用のコントロールも追加され、優れたユーザーエクスペリエンスを実現するリッチなアプリケーションの開発においても簡単にバーコードを組み込むことができます。

製品の特徴

ニュースリリースを公開(2010年10月6日)

VB-BarCode 4 の発売に関するニュースリリースはこちらをご覧下さい。

対応バーコード

VB-BarCode 4 は次のバーコードに対応しています。

JAN(8桁、13桁)、UPCA、UPCE、ITF(6桁、14桁、16桁、自由桁)、CodaBar、Code39、Code128、GS1-128(旧称:UCC/EAN128)、標準料金代理収納バーコード、郵便カスタマバーコード、QRコード(モデル1、モデル2)、PDF417(標準、簡易)

VB-BarCode 4 カタログ

VB-BarCode 4 カタログ(PDF)のダウンロード
カタログに記載の必要システムは、最新の情報と異なる場合があります。
最新の動作、対応状況はこちらをご確認ください。

PDF ファイルをご覧いただく場合、環境にアドビシステムズ社提供の「Adobe Reader」のインストールが必要です。「Adobe Reader」は、アドビシステムズ社ホームページよりダウンロードすることができます。

記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。